くじらの家とは
先進技術が産み出した木造建築の強度革命
SE構法は構造計算を取り入れた設計のもと、高強度集成材とオリジナルSE金物を採用することで、木造建築ながら圧倒的な強度を手にしました。高い構造強度は、体育館などの木造大型建築にも、数多く採用されているほどです。この技術を取り入れたSE構法の家は、大開口部や高天井、自由な間取り、ビルトインガレージなど、多彩で自由な空間創りを可能にしています。

安らぎはそのままに、強さと夢にあふれたSE構法の家こそ、新世代の伝統工法住宅なのです。


オーダーメイド(主観的)と公共性(客観的)を併せ持つ「くじらの家」
コンピューター制御による高精度プレカットによって作られるエンジニアリングウッド(JAS構造用集成材)を木骨として採用。このエンジニアリングウッドは、天然木材の長所をそのままに、反り、ねじれ、割れ、伸縮などの欠点を克服し、飛躍的な強度を実現。しかも安定した品質が構造計算を可能にし、大規模構造建築物をも可能にします。
SE構法の集成材は、圧縮、引っ張り、曲げ、せん断等において、ムク材の1.3倍の強度を誇っています。(ただし同一重量 での比較)。また乾燥した板材のみを使用するため、反りや割裂がなく、狂いも少なくなっています。

オーダーメイド(主観的)と公共性(客観的)を併せ持つ「くじらの家」
SE金物はエンジニアリングウッドの特長を引き出すと共に、他の金物では実現できない強度を確保。同時に柱梁の断面欠損が起きにくく、構造的にも高い安全性を誇ります。
SE構法を支えるSE金物、高耐力フレーム、高耐力壁、集成材本体は、数々の工法接合強度実験をクリアした素材により構成されるため、1階部の大開口の確保やビルトインガレージの設置といった高い強度と安全性を約束できるのです。
オーダーメイド(主観的)と公共性(客観的)を併せ持つ「くじらの家」
独自開発CADと連動した立体応力解析で安全性を点検。さらに台風、地震、積雪などの自然災害についての安全シュミレーションも行い、その確かな強度ゆえに、構造本体に対し国内初の20年間の住宅性能保証制度を実施しました。
SE構法は、木造住宅においても、大規模建築と同様の応力解析による構造計算を実施しています。独自のCADソフトを開発し、CADと連動した立体応力解析で、あらゆる安全性を点検。もちろん様々なデータをもとに、コンピュータ上で、台風、地震、積雪などの自然災害についてもシミュレーションし、その安全性を確認しています。これにより構造上の木造住宅では実現できなかった大空間を可能にしたのです。
オーダーメイド(主観的)と公共性(客観的)を併せ持つ「くじらの家」
SE構法は構造計算で7つのチェックポイントのすべてにおいて科学的に家の強さを証明しています。
まず建物自体の重さ、次に積雪や瓦など屋根にかかる重さや、人や家具などでかかる重さなど、建物にかかる全ての重さ(重力)に耐えうる構造設計を求めます。
四方を壁に囲まれる住宅は、風に大きな影響を受けます。大きな台風では最大瞬間風速50メートル/秒になることもあります。その風圧に耐えうる構造設計を求めます。
地震の際、下から上へと伝わる揺れは建物の大きさ(重量)に影響されます。建物に応じて、地震の揺れに耐えうる構造の設計を求めます。
強い力が加わった場合、建物に起こる変形。その変形する許容範囲を「外壁にひびが入らない範囲まで」と定め、その基準を超えない構造設計を求めます。
地震の際、建物の重さの中心である「重心」と堅さの中心である「剛心」が離れているほど、建物が大きくねじれて揺れが大きくなるため、重心を合わせる構造設計を求めます。
1階をガレージにするような開口部を大きくとった設計の場合、1階を支える力が弱まり地震による倒壊の危険性が高まるので、各階の構造剛性を高める構造設計を求めます。
一本一本の柱や梁、すべての接合部分に加わる力(応力)を解析し、その力に耐えうる部材、接合方法を決定し、安全な構造設計を求めます。
ページトップへ
仙台市青葉区立町27番21号
仙台橋本ビルヂング11F
TEL 022-714-7025 FAX 022-380-8660
Copyright (c) 2008 HASHIMOTOTEN,INC.All Rights Reserved.